メガネやコンタクトなし生活へ

芸能人でも失敗?
レーシック難民って?
失敗したときの症状は?
パイロットになれる?
格闘家は出来る?
なれない職業がある?
治療後のカラーコンタクトは?

レーシック難民って何?

レーシックは芸能人の方などが治療をしたことで一気に認知度が高まった治療でありますが、今では一般の方でも、レーシックを受けている方が沢山いらっしゃいます。

そもそもレーシックって何?http://xn--pckp0b6k2c.cc/

レーシックとは簡単に説明すれば、目の角膜をレーザーで照射し、削ることで、目のカーブを変え、視力を上げるという手術方法です。
その効果は、眼鏡やコンタクトに比べ、格段に視力が上がると言われています。

その一方で、今レーシック難民と呼ばれる人達が居るのも事実です。
レーシック難民とは、http://www.tri-starelectronics.com/sipa.htmlにも書いてあるようにレーシック手術を受けた後、「視力は上がり遠くは良く見えるようななったが、近くがほとんど見えない」や、ドライアイ、疲れ目、充血、頭痛、
ハロやグレアと呼ばれる視界のぼやけなど、何らかの症状が出ているのに、手を尽くす事が出来ずに困っている人の事を示す言葉です。
レーシック難民になる原因としてあげられるのは、患者のレーシックに対する知識不足や、医師の知識や技術力の不足、また患者のケアの仕方の間違いなどが問題として
成りうると考えられています。

レーシックは、遠視で今まで0.5くらいしか見えなかった人でも、1.5~2.0まで視力を上げる事が可能な治療です。
でもどうでしょう?
急に視力がそこまで上がれば、目の疲れや頭痛が起こってもおかしくありませんし、また遠くしか見えず、読書すら出来ない程、近くの物が見えなくなる事も起こってくるのです。
ただ単に視力を上げることしか考えてない医師と、患者の知識不足がこのような不快で深刻な問題へとつなげてしまう恐れがあるのです。

レーシックは角膜を削りますから、元通りに戻すことは出来ません。
誰でも手術をできるのではなくレーシック手術を受ける条件もあります。
レーシック難民にならないためにも、レーシックをお考えの方は、医師に任せるだけではなく、自分自身も知識をつけ、正しい医師を選び、また日頃のケアや
検査を定期的に受ける必要があると言えます。
レーシックを受ける際は、よく調べて、自分に合う手術が出来るようにしておきましょう。
こちらのサイトhttp://www.riponwebdesign.com/10.htmlにはレーシックについて色々詳しく掲載されています。是非ご覧ください。