メガネやコンタクトなし生活へ

芸能人でも失敗?
レーシック難民って?
失敗したときの症状は?
パイロットになれる?
格闘家は出来る?
なれない職業がある?
治療後のカラーコンタクトは?

レーシックでパイロットになれる?

角膜をレーザーで照射し、カーブを変えて視力を改善させる治療のレーシックですが、今では芸能人やスポーツ選手をはじめ、一般人の方にも広まりつつある
視力回復の最先端の治療法です。
一体レーシックの費用っていくら位かかるの?と疑問に思った方はこちらをご覧ください。http://icompile.info/

スポーツ選手などはレーシックをする事により、眼鏡やコンタクトの必要がなくなりますから、仕事面においても良い影響が出る事が多いようですが、
視力が絶対的に良くないといけない「パイロット」ではどうでしょうか?

残念ながら現在の日本ではレーシックを受けている方はパイロットにはなれません。
また、今現役でパイロットをしていて、レーシックを受ける事も許されていません。
理由としては、レーシック手術後に安定した視力が保てない可能性があるということや、夜間などハロやグレアといったぼやけが起こってしまう可能性が非常に高いため、
今現在はまだ許可されていません。
また、レーシックの症例がまだ少ないということも理由の一つでしょう。
レーシックについてこちらにも詳しく掲載されています。http://xn--pckp0b6k2c9843c8q8a.ws/

しかしながら、一昔前までは眼鏡やコンタクトもパイロットになれないとされてきましたが、今では飛行機械の進歩も手伝い、眼鏡やコンタクトであっても、
検査をちゃんと通過すればパイロットになれるというように基準が改正されました。
またレーシック治療の最先端と言えるアメリカでは、レーシックを受けていても、パイロットになれる場合があります。
屈折矯正の場合は基準に満たない事がアメリカでもあるようですが、近視矯正の場合には、レーシックを受けていてもパイロットになれるようです。
この様に、今後日本においても、レーシック手術を受けていてもパイロットになれるという時代が来るかもしれません。

しかし現段階ではレーシックの実績もまだまだ浅く、どの程度安全なものか保証されていないのと、感染症や不快症状の報告が多いことから
パイロットの基準には満たないとされています。
今後、医学が更に進歩し、レーシックにおいてもう少し安全性が認められ、実績も増えてきたら、日本もレーシックであっても、パイロットになれる時代が来ることでしょう。
こちらに人気の高いレーシックのデメリットについて載っていますのでご覧ください。