メガネやコンタクトなし生活へ

芸能人でも失敗?
レーシック難民って?
失敗したときの症状は?
パイロットになれる?
格闘家は出来る?
なれない職業がある?
治療後のカラーコンタクトは?

レーシックをしているとなれない職業がある?

眼鏡やコンタクトなどの矯正器具を使用せずに視力を回復することの出来るレーシック術は色々な職業の方の強い味方と言えるでしょう。
レーシック手術の効果はこちらをご覧ください。
http://xn--pckp0b6k2c9843c8q8a.name/
例えば視力が必要な消防士や警察官、または眼鏡をしていると危険が伴う騎手や競輪選手など色々な方がレーシックにより楽に仕事をこなすことが出来ていると思います。

その一方で、レーシックを受けているとなれない職業というものも存在するのも事実です。
それは皆様もご存知のパイロットです。
パイロットは視力が全てとも言える職業でありますから、絶対的に安定した視力が必要となります。

度数の改善だけで考えると、レーシックも一見パイロットの方に適しているようにみえますが、レーシックでは安定した視力が維持できない可能性が高いということと、
夜間など暗闇ではハロやグレアと呼ばれる、レーシックを受けた際に出やすいぼやけが生じることがあるためです。
またレーシックはドライアイの原因や疲れ目の原因にもなる場合があります。
そのためパイロットにはレーシックは不適切だと考えられているのです。
その点、視力が比較的安定しやすい眼鏡やコンタクトはパイロットの基準にも許可されています。

またアメリカではレーシックの実績が長くある事と、症例が多いこともあり、レーシックを受けていてもパイロットになれる場合があります。
しかし現段階の日本の基準ではレーシックを受けているとパイロットにはなれません。
勿論、現役パイロットがレーシック術を受けるということも認められていません。

しかし、アメリカで認可がおりていることもありますし、一昔前では、今認可されている眼鏡やコンタクトといった矯正器具もパイロットの基準には反していたものです。
ですから日本でもレーシックの安全性と視力の安定性などもう少し進歩を遂げれば、レーシックをしていても、パイロットになれる!という法改正が
今後日本でもなされるかもしれません。