メガネやコンタクトなし生活へ

芸能人でも失敗?
レーシック難民って?
失敗したときの症状は?
パイロットになれる?
格闘家は出来る?
なれない職業がある?
治療後のカラーコンタクトは?

レーシックで失敗するとどんな症状が出る?

眼科治療の最先端技術とも言えるレーシックは視力回復をするのに、とても効果的で便利な治療だと言えます。
手術時間も当日のみの治療と簡単に出来ることもレーシックのメリットの一つです。
短期間で行うことができるレーシックの手術内容についてこちらに詳しく掲載されています。xn--pckp0b6k2cv102a90r.biz

最近では、レーシックの技術も進歩してきており、より安全性や成功率が上がってきていますが、レーシックで失敗したという方や、不快な症状が手術後に出てしまったという方も、
まだまだいらっしゃるのも事実です。
レーシックに失敗すると、遠視は改善されても、近くが全くというほど見えなくなったり、ハロやグレアというぼやけや、頭痛、ドライアイなど沢山の不快症状が出てしまいます。
最悪の場合には失明とも言われています。http://www.bttralhos.com/


これだけを聞くと、ドクターのせいだと思いがちですが、実はレーシックの失敗の原因は、何も医師側だけにあるとは言えないのです。
患者のレーシックに対する知識不足もレーシックを失敗させてしまう原因とも言えます。
例えば、長い間ソフトコンタクトレンズをしていた場合、内皮細胞というのが、ソフトレンズをすることにより減少し、角膜が弱くなっていることがあるのです。
しかし医師にきちんと説明せずに、視力だけを上げようと角膜を沢山削ると、元々角膜が弱っていたので、目はダメージを受けやすくなります。
こうなると、ぼやけや色のコントラストなどがおかしく出たり、目が異常に疲れを感じてしまうなど、不快な症状が出てしまいます。

レーシック後の合併症についてこちらにありましたので、良かったらご覧ください。
http://www.hollisterabercrombie.com/

野球選手でも期待されていた選手がレーシック後、全く打てなくなってしまったという話や、タイガーウッズ選手は、ゴルフのトロフィーカップがバケツに見えるほど、
深刻化しているケースもあります。
こうなると、仕事にも影響が出ますし、心理的な悩みも出てしまい鬱状態になる方もいらっしゃいます。
ですから、レーシックを受ける前には、レーシックがどのようなものか?リスクはどの程度あり、自分には向いているのか?などを慎重に判断し、その上で正しい医師選びをして、
よく相談してからレーシックを受けるようにしましょう。
レーシックの種類はこちらを参考にしてください。
http://xn--pckp0b6k2c.la/